中古売るなら(これからの既存住宅流通)

既存住宅の流通は、これからの日本の大きな課題です。壊しては作る時代ではなく、より長く使ってゆくための方策を考える時代です。

アメリカに比べて、日本の既存住宅の流通量は極端に新築住宅に偏っていることが指摘されています。日本における新築神話と呼ばれるものですが、そもそもアメリカなどの欧米では「新築」と「中古」という概念がほとんど無いようです。

また、住宅は建てて住みながら手を加えて付加価値をつけていくという考え方が日本にはまだありません。建物は20年もすると評価0などとなる状況は変えていかなくてはならないのかもしれません。

昨今は国によって既存住宅流通のための施策も様々打たれていますので、留意してみてください。